1. TOP
  2. 登山
  3. 伊吹山登山物語

伊吹山登山物語

 2018/01/01 登山   559 Views

新年、あけましておめでとうございます。
本年もよろしくお願い申し上げます。

2018年がスタートしました。

で、最初のブログネタが、登山ネタ。今回は、今までの登山の中で一番キツかった。
伊吹山登山。

2017年12月30日(土)に行ってきました。

9:00AM 登山スタート。この時はみんな元気元気!
ここは麓です。ここから1合目までが、長い。。。

 

途中、キジに出会いました。
この時の私は、暑くで暑くて、どんどん脱ぐ脱ぐ。。

 

ようやく5合目まで登ってきました。
ここから、写真の正面の山のてっぺんを目指して登ります。
前に、雪がない時に登ったけど、冬の伊吹山は半端なくキツかった。

 

初めて、ストックを使いました。
何度も何度も、雪の中にはまっては登り。。。の連続。
思うように前に進むことができない。どれだけ前に進めているのか?その感覚も分からない。
でも、山頂に行くには、1歩1歩前に進むしか道はない。
これって、自分の生き方も同じことが言える。「○○をやる!」と決めたら、それに向かって1歩1歩
進むしか道はない。=要は、行動に起こすこと。

 

 

8合目まで登ってきた。
ここからがまたまた急斜面が待っている。
この段階で、余計な雑念は私の中にはなかった。「目指せ!てっぺん!」

約4時間かけて、てっぺん=山頂に着きました。感無量です。
到着した時は、山頂から見渡せる雄大な景色に感動。ここまで登ってきた者だけが見れる景色。

 

お湯を沸かして、カップラーメンを食べました。
超〜美味しかった。

 

樹氷。こんなに美しい樹氷を見たのも初めて。
寒さも忘れるくらいでした。

下山は、途中、ヒップソリを使いました。
これ、体幹力とバランス力が、必要。子供の頃にスキー場でソリを使ったことを思い出しました。
気持ちよかったー。

今回、登山がベテランの人達と一緒に登りました。
みんな、自然体で格好いい。
山を愛する人達との会話、相手のことを思いやる優しさ。それを、静かに手をさしのべてくれる。
私も、そういう人でありたい。と心から思いました。

今回の伊吹山登山は、自分を試されている登山でもありました。

「やる!という目標を決めたら、1歩1歩進むしかない。」
「1歩1歩進めば、必ずそこに着く。」
「そこに着いた者だけが味わえるモノがある。」

2017年12月30日(土)に登ったのも、2018年を最幸のスタートにする。そのタイミングの
登山であったと感じています。

2018年は
・新しいことへのチャレンジ
・続けて取り組んでいるものは、質を高める
・行動する

これが私の3大目標です。

本年も、よろしくお願い申し上げます。

 

\ SNSでシェアしよう! /

Oniume Cafeの注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

Oniume Cafeの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

この人が書いた記事

  • 計画倒れにならない行動計画

  • 伊吹山登山物語

  • 自立と自律のお手本

  • 長野県の山々との会話

関連記事

  • 伊吹山登山