「富士の国やまなし 第20回 Mt.富士ヒルクライム」物語

目次

富士山に到着

「富士の国やまなし 第20回Mt.富士ヒルクライム」に参加しました。
前日の6月1日(土)富士山に入る。ここから富士ヒルクライムはスタート‼️という気持ちです。

インストラクター仲間の辻川先生と一緒に参加。今回はお言葉に甘えて辻川先生の車に自転車を
積んでいただきました。道中、いろんな話題で話も大盛り上がりです😆

この袋は何かというと。。5合目から下山してくる時の装備(冬用のウェアなど)を入れます。

小さいリュックに冬用の装備を入れました〜。これを5合目まで持って行ってくれます。

荷物を預けたあとは、エキスポにも行くことができました。自転車業界のいろんなメーカーの
ショップが出店されています。見るだけでもテンションが上がります。

このウェアを着て、富士スバルライン1合目から5合目まで24kmを走ります。
そして5合目からスタート地点まで下ってきます。

いよいよ本番当日

当日のお天気は曇り☁️ 富士ヒルの時間だけは、雨☔️は降らないで〜😅

私は、第5スタート(7:45AM)です。スタート待ちで辻川先生とショット😃

ここからは、自分自身とのいい意味での戦いが始まりです。

24kmには、いろんな角度の坂道があります。
「ケイデンス(回転数)を下げるな〜😅」→ダンシング(立ち漕ぎ)でケイデンスをキープする。
坂道の角度(勾配)がキツくなった瞬間に、ペダルを思いっきり踏み込む。→大腿四頭筋のパワーを使う。
水分補給のタイミング→ゆるやなか勾配のタイミングで補給する。

4合目で、太鼓の音が聴こえてきて「頑張って〜‼️」という応援の声が聴こえてくる。
折れそうな心が復活する😃 この応援の声に救われました。

結果は、2時間2分31秒。2時間を目標にしていました。2分31秒を縮めるためのトレーニングが必要です😅

5合目からの富士山🗻 山頂に白い帽子をかぶっています。
「お疲れ様でした〜」と富士山が言ってくれているように感じました。
完走したから見れる富士山🗻ですね😊

昨年と同じ場所で、私の愛車COLNAGO CLXと記念撮影😃
1人で自転車をセットしていると、「写真撮りましょうか😊」と声をかけて下さったので
お言葉に甘えて撮影をして頂きました。

富士ヒルクライムでの経験は宝物

先日に投稿したFBにもチラッと書きましたが。。
富士ヒルクライムに参加するまでに、今年は昨年よりも「準備」をしてきました。

実走練習はもちろん
ジムトレも富士ヒルを2時間で完走する為のメニューで実施
2時間で走るためには、自分の体をどういうふうに使えばいいか❓
これは、毎日やっている、ボディキネシス®︎(機能改善体操)を入念にやる❗️
トレーニング以外の日常生活をどぅ過ごすか❓(食事,睡眠など)

富士ヒルクライムに参加して、自転車で走ることだけでなく
私にとって、日常生活までプラスの影響をもたらします。

心が折れそうになった時も
諦めることなく
手を抜くことなく
精一杯やりました

この言葉を書いている時に、「これって、私の価値観の言葉やん😃」って気づきました。

あくまでも富士ヒルクライムは、自転車LIFEの過程の一つです。

人生目標を作ることなく
私の生き方の価値観を味わう
その過程をやり続けていくことを楽しむ

これがますますはっきりした富士ヒルクライムでした。
ありがとう富士ヒルクライム🚲



コミュニケーション力アップ!セミナーのお知らせ

良好な人間関係を築きストレスのない日常生活を過ごすためのコミュニケーション力アップセミナー!コーチングスキルを盛り込んだ全4種(各120分)を随時行っております。

1.質問力編
2.対話力編
3.プレゼンテーション(伝える)力編
4.フィードバック力編

次回の開催は「プレゼンテーション力編」を2024年7月6日(土)19時~21時で行います!!

詳細はこちらのボタンをクリックしてください。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

CAPTCHA


目次